2種類の断熱工法

間取り

より快適に過ごせる

山にかこまれており盆地となっている京都は、暑さ寒さが厳しい地域です。京都で快適な生活を求めるのであれば、断熱性に優れた注文住宅を建てる必要があります。断熱性の高い注文住宅は外気の影響を受け難いため、自然災害でライフラインが止まってしまった際も、冷暖房なしでも過ごしやすいという魅力もあります。京都で注文住宅を建てる場合、断熱工法にも注目してみましょう。国内の木造注文住宅で用いられる断熱工法は、内断熱と外張り断熱の2つです。内断熱は文字通り、外壁の内側に断熱材を設置します。柱と柱の間に断熱材を入れて、断熱効果を高めるのです。外張り断熱は柱などの構造材を、断熱材で外側からくるみます。内断熱の場合、断熱材を設置する新たなスペースは必要ない為、敷地面積を広く使える点が魅力です。また、コストも比較的安いと言われています。外張り断熱は家を丸ごと、断熱材でくるむような形となるので、断熱性能は抜群です。比較的、結露も起こり難い断熱工法となっています。多くの住宅ハウスメーカーや工務店では、内断熱・外張り断熱、どちらかの工法を用いて注文住宅を建てるケースがほとんどです。ですが、最近は内断熱と外張り断熱、両方の断熱工法を使い注文住宅を建てる業者も出てきました。土台や基礎部分は外張り断熱にし、その他の部分は内断熱にするといった使い分けをするのです。こうする事で両方の断熱工法のデメリットを補い、さらに快適な家を提供出来ます。京都でも内断熱・外張り断熱両方の工法で、建てられた注文住宅は増えてきており、人気となっているようです。